Cafe Mexico@mexico
メキシコシティで暮らしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
中華レストラン SAN SAN
かつてメキシコに留学していたとき、人生でもっともマズい中華料理を食べた・・・・10数年たっても忘れられない、あの味(笑)。それ以来、メキシコの中華は食べられたもんじゃない(※シティだけかもしれませんが)!!! という思い込みがありました。 ところが、最近、メキシコ在留日本人の中に中国通が増えたせいなのでしょうか?次々と、美味しい中華料理屋さんが発掘されてます。 私が先週、2回も足を運んだのが、最近、日本語情報誌Zettenで紹介され話題の、SAN SAN。 韓国の食材店、レストラン、パン屋さん、床屋などが並ぶミニ韓国ストリート、Zona Rosa 地区のHamburgo通りにあります。 コロンビアから渡ってきた中国人経営らしい。広東+四川料理。メニューは200近くあって、なんといっても、点心が美味しい!!中でも焼餃子、海老シュウマイ、ゴマ団子は絶品。 特にゴマ団子は、中南米で中華が一番美味しいといわれるパナマ駐在経験者も絶賛するほど。。。どうやったらあんなにカラっと揚がるのか、中のあんこもクリーミーで、思い出しただけで唾がでてきそうな。。。本当に本当に美味しいです。 店内もこぎれいだし、お薦め ★★★★ SAN SAN(生生酒棲) 住所 Hambrugo 222, Zona Rosa 電話 5533-1469, 5533-1473 営業時間 12 pm - 12am (年中無休)
スポンサーサイト
【2006/07/11 07:45】 レストラン | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<マルケサ公園 LA MARQUESA | ホーム | 御無沙汰。。。。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/10 20:35】 | #[ 編集]
なんと、美味しい中華またまた発見!
です。
でも遠いなぁ・・・。がんばって行って見ます~。
美味しい中華最近はやってますね。
【2006/08/03 13:53】 URL | ジャジート #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cafemexico.blog13.fc2.com/tb.php/25-b6bfae43
PROFILE
coralate
  • Author:coralate
  • メキシコ在住です。 コララテは、メキシコ情報サイト CAFE MEXICO を運営するオンナ4人組。
  • RSS1.0
  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • フュージョン:MP Cafe Bistro(05/13)
  • 韓国美容院 カリスマ(05/12)
  • ピクトさん学会(05/12)
  • ニュース(転載記事):芸術ですから。。。1万8000人が裸で「はい、ポーズ」 (05/10)
  • ハウス食品(10/10)
  • RECENT COMMENTS
  • Sr. Cascada(04/19)
  • ジャジート(08/03)
  • queico_gala(12/14)
  • まりや(10/26)
  • Quien(08/26)
  • RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2007年05月 (4)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年08月 (5)
  • 2005年07月 (8)
  • 2005年06月 (4)
  • CATEGORY
  • プロフィール&コララテ (2)
  • 旅行 (6)
  • 過去 (13)
  • 未分類 (0)
  • ひとりごと (1)
  • メキシコ仰天ニュース (3)
  • 生活情報 (1)
  • レストラン (2)
  • LINKS
  • CAFE MEXICO
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。